Top

<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


Sentimental Summer

a0031406_2244524.jpg


雨女です、私。

お出かけも旅行もツーリングも、雨の記憶と写真の方が多い。
極め付けは自分の人生の転機となるはずだった日に、暴風雨。マジで警報出てた。
もうね、転機じゃなくて天気も「やめとけ」って言ってんだな、と逆に笑えました。

ま、今日も帰りに降られたワケですよ、案の定。
朝アホほどいい天気で日傘持って出たのに、帰りは忘れた上に降られるとかどないやねん。
しかもちょっとスーパー寄って出てきたら降ってるとか。
マジありえへん。


でも雨の降り始めの、ホコリっぽい匂いは割りと好き。
夏が来たな、と。

夏の匂いとむせ返るような湿気、頬に当たる大きな雨粒。
遠くで低く轟いた音に目を向けると、仄かに映る雷の余韻。

いよいよ夏なんだな、と。

夏には断片的な思い出が多い。
出会いと別れを繰り返してきた、夏。
最高に楽しかったことと、最悪に辛かったことと。

今年の夏は、思い出を飛び越えたい。
[PR]

by ayk555 | 2009-06-30 00:43

いいこと続き

社内コンペ通ったぜー!
選定される3案中、2案が自分のになるところだったそう。
上司が工数加味して、1案は同系統の別案に。

素直に嬉しいです。やったー!!

帰りに会社の人がお祝いにお好み焼き連れてってくれました。
劇的にうまかった。なんでお好み焼きとビールってあんなに幸せな気分になれるのか。


まじめに。

努力は尊いものだが、何事も評価というのは他人がするもの。
もちろん自分が「やりきった」と言えることが大前提だが、
評価が要らないというならば、それはただのオ○ニー。
私はアートとデザインの切り分けをそこに持ってきているので、
評価される事は自分にとって最高のオーガズム。
こういう時、やっぱりデザインやってて良かったと思う。


でも調子に乗るのは厳禁なので、浮かれ気分な気持ちは引き締めて邁進します。
[PR]

by ayk555 | 2009-06-20 10:54

なんかイイ日

a0031406_729832.jpg


会社でちょっと?結構だな、嬉しいことがあったので、
久々に激ウマたらこパスタごっちんスペシャルを作った。たらこ高いのでね。
で、こないだの誕生日に行きつけのバーで貰ったワインを開けて飲んでいる。
いーかんじに酔ってきた。今ぐらいの加減が丁度いい。気持ちいいー。

・話している相手が自分自身だったらどう受け答えする?
・正論は正義ではない場合もあるから要領良くやれ
・焦る必要はないが先を越されて何を思ったかは忘れるな

今日言われたこと。
自分の為に書いときます。
[PR]

by ayk555 | 2009-06-17 02:07

Quality of production

こないだカッシーナ展行ってきました。
今更ですが感想を。

正直、カッシーナって余りいい印象持ってなかったんですよね。
良くない言い方すれば、有名どころの版権を買い漁って商売してるイメージが強かったというか。
もちろんカッシーナがなければ埋もれていったプロダクトもいっぱいあると思うので、
功績はすごいなぁと思うんですが。
単にカッシーナで展開されてるプロダクトのデザインそのものが、
余り好みではないというのもあります。

が。
すっごい面白かった。
一緒に行くはずだった子にドタキャン食らっちゃったので一人で見に行ったんですが、
結果的に4時間ぐらいじっくり見入ってしまいました。
当時のデザイナーと職人たちの、不可能を可能に変えていこうとする発想と情熱が
ガッと伝わってきた感じでした。

もちろんアートじゃないから売れることも考えなきゃならん。
売るってことはコストとの戦いなワケで。でもコスト下げれば物自体は劣化する。
そこの線引きをどこに持ってくるか?を考えた時に、彼らは基本に立ち戻ってるんですよね。
物の形とかではなく、「何」が作りたかったのか。その上で、何が作れるのか。

自分も工業製品作ってるモンの端くれですが、多分まだここまで熱意を傾けてモノ作ってないなぁと。
というか作ってるうちに芯がブレてることが多いなぁと。


心に残った言葉を記しときます。

Mario Bellini
「何かやるのなら最高の出来にしろ、そう出来ないならやるな」

Philippe Starck
「人間はバクテリアから魚、猿、そしてスーパー猿へと進化して、
21世紀に入って技術を支配しえた」

かっちょえー。
自分も見習お。
[PR]

by ayk555 | 2009-06-15 13:37

27th

a0031406_2314623.jpg


2009年6月3日で、27歳になりました。


昨日は会社の人たちがシロコロバースデーを開いてくれました。
総勢20人ちょい。嬉しすぐる。果報者すぎるぜ。涙出たぜマジで。
サプライズでお花とケーキを頂いて、今年の抱負を述べました。

いい女になること。


もう9490日ぐらい生きてきたらしいのに、一向にいい女に近付けていない気がします。
原因は完璧に自分。ここ最近、燃えるように生きてないからだと。
揉まれて丸くなって得たものもいっぱいあるけど、「丸くなった」は若干言い訳な事に気付いてます。
成るように流されてる気がしてならない。本質的には「諦めた」に近い。
口が立つから誤魔化せてるけど、いつメッキが剥がれるかヒヤヒヤしてる。

アタシってこんなつまんない人間だったっけ。

無鉄砲に自分本位で攻撃的だった過去が、最近無性に羨ましく思えます。
でもって昔の私じゃ、自分に対して羨ましいなんて絶対思わない。
良くも悪くも自分に正直だったから。羨ましく思うって事は、正直じゃなかったんだと。
自分に対してネガティブでいいことなんかひとつもないって持論を、自ら反故にしてた事に深く反省。


頂いた花束の中にひときわ目立つ(というかホントに一本長い)アリウム・ギガンチウム。
花言葉は「正しい主張」。
職場の人たちの私のイメージはこれだそう。芯の通った爆発娘。
そう見られている事はとてもとても嬉しい。

だがしかし、それに恥じない自分であるか?


27年の1日目に思ったこの事を常に自問自答して、太い1年にしたいと思います。



と言うわけでブログ再開。
[PR]

by ayk555 | 2009-06-04 23:24